2014年9月30日火曜日

【山行報告】白山 楽々新道(クリーン登山)

日時:2014年9月28日
山域:白山 楽々新道(見返り坂まで)
メンバー:登山道:S下、O田、N野、K川(OB)、A瀬、K、H三、H向(一般)
    沢組:A川×2、H(沢わらし)

秋の恒例行事「クリーン登山」を岩間道で計画する。
しかし直前になって、会員のK村さんから『林道崩落』との情報!があって、楽々新道に変更(露天風呂入りたかった)。

白山ヒメ神社に8名が集合。
めっこの登山パーティーとしては多いです。

山崎旅館まで移動し、
7:20 出発。
お喋りしながら林道を行くと、登山口を通り過ぎる(標識が分かり難いです)。
自然観察のボランティアをされているO田さんと、
仕事で森に関わるH三から、木や花の名前や植生の講義を交えながら、やや急な登りをエッチラと登っていく。
にぎやかな山行もいいもんです。


楽々新道は、登山者も少なく静寂の白山を楽しめます。
そんな秋めいた山を、多くの仲間達とのんびりゆったり登るというのもいいもんです。
気持ちのいい道です。


11:30 小桜平避難小屋に到着!
避難小屋が建て替えられて、木の香りがするスゴく気持ちのいい小屋になってます。

ここで沢ルート(丸石谷ハバの谷)から来るA川パーティーを待ちながら、お昼寝タイム。

木の香りがするキレイな避難小屋です。今度は泊りたいですな。

13:00 沢パーティーからの無線交信で「小屋までもう少しかかるわー」という事なので先に下山にかかる事に。



16:10 登山口に帰着。
駐車場で荷物を片していると、沢パーティーも到着。
(ハバ谷は、「なんもなかったわ」との事でやや物足りなかった様子。)

拾ったゴミは、
可燃物(プラなど)2kg 
不燃物(缶ゴミ)4つ
登山者が少ないルートのため、それほど多くはなかったかな。



以上



「白山ベストガイド」より転記
http://www.kagahakusan.jp/index.html

(2014.6.3)「岩間道噴泉塔線」通行禁止のお知らせ
岩間道噴泉塔線の元湯付近で大崩落があり、当分の間通行ができません。
入・下山道ともに「楽々新道」をご利用下さい。
場所は、三ッ俣(中ノ川、蛇谷、丸石谷合流点)から約2.7km中ノ川を昇った霞滝橋の山側斜面です。

2014年9月22日月曜日

【山行報告】放浪の旅②

[mekko:00128] 放浪の旅
Date: 2014/09/02 18:10

S下です。
天候は雲たり晴れたりで、のんびり走っていたら、登山口に着いたのが、11時、
それから、あわてて準備をし11時30分出発、
雌阿寒岳頂上14時、下山16時、でした。
次の山は大雪山ですが、日程、まだ決まっていません。決まり次第連絡します。





[mekko:00129] 放浪の旅
Date: 2014/09/03 17:23

S下です。
大雪山旭岳ロ-プウェイ登山口にやっとたどり着い着きました。
やっぱり北海道は広い。
明日、予定通り旭岳から黒岳まで縦走し黒岳石室の避難小屋に泊まり、北海岳を回って、下山予定です。




[mekko:00132] 放浪の旅
Date: 2014/09/05 15:49

昨日、風の中、旭岳に向かったが、頂上に着くと、雨風が強くなり、みんな引き帰す。
外国人の男女二人が先行するので私も行動を共にする。
北海岳の稜線では、よろけながら進む、
黒岳に近づくと、紅葉が最高、なんとか黒岳石室の避難小屋に到着、
5日も風雨強くなるなか黒岳を往復、北鎮岳、中岳温泉経由で無事下山しました。
さすが北海道の紅葉のスケールの大きさに感動しました。




[mekko:00137] 放浪の旅
Date: 2014/09/06 12:02

S下です。
明日(9/7)、十勝岳に登ります。
ここ数日、天候はあまり良くないが、十勝岳は楽な山なので、少しの雨でも登ります。
よろしくお願いいたします。




[mekko:00143] 放浪の旅
Date: 2014/09/07 17:01

S下です。
白金温泉、望岳台駐車場を6時、出発、
十勝岳着9時30分、時間的に早いので、美瑛岳、回りで下山する事にしました。
今日も雲りで、稜線はガスで視界なし、時々ガスが晴れて美しい紅葉を見せるも、すぐにガスってしまう。
美瑛岳の下り道はすごく悪く足に負担がかかり、
望岳台駐車着、15時30分、なんとか無事下山しました。
ありがとうございました。
次は、トムラウシですが、日程はまだ決まっていません。決まり次第連絡します。




[mekko:00151] 放浪の旅
Date: 2014/09/10 9:24

S下です。
今、南ふらの、道の駅です。ここで夜を明かしました。
昨日、トムラウシに無事登頂しました。
雨とガスの中でした。大阪から一人で来た人が、ルートが分からなくて引き返して来た。
私は新潟からの人と途中から一緒に行動していたので、3人で頂上を目指した。
私一人だったら、たぶん引き返していた事でしょう。
新潟の人もそう言っていました。
往復、11時かかりました。
次は、幌尻、天候を見て考えます。よろしくお願いいたします。




[mekko:00159] 放浪の旅

Date: 2014/09/13 13:57

S下です。
明日、14-15、ようやく幌尻岳に登ります。
4日間、天候の回復を待ちましたが、ようやく明日晴れそうです。
北戸蔦別岳まで足を伸ばすつもりでしたが、幌尻岳の往復と変更します。
よろしくお願いいたします。




[mekko:00167] 放浪の旅
Date: 2014/09/15 20:10

S下です。
幌尻岳から無事下山しました。
15日、午後6時
今、平取温泉に浸かり、レストラン食事中です。
疲れて、道の駅を探す気もしません。
額平川の渡渉の連続は、たいしたことないのですが、水も小さく足首を濡らす程度でした。
最後の林道、8キロが、こたえました。
今日は12時間の行動でした。
次の山、羊蹄山は、17日の予定です。
変更があれば連絡します。




[mekko:00171] 放浪の旅
Date: 2014/09/16 14:03

S下です。
17日、この旅の最後の山、羊蹄山に登ります。
計画書では、一泊2日となっていますが、日帰りに変更します。
よろしくお願いいたします。




[mekko:00172] 放浪の旅
Date: 2014/09/17 19:09

S下です。
最後の山、羊蹄山に無事登頂し下山、しました。
夜中は雨、朝も小雨、朝食を終える頃に雨も上がり、登山開始、
しばらくで雨になり、カッパを着ける、
六合目から、みぞれになり、風が強くなる、
頂上付近は、独立峰独特の、強風、横殴り風雪、ガスに悩まされながら、ふらふらになり、登頂、しました。

長い間、心配をかけ、申し訳ございません。
放浪の旅と申しましても、気になるのは山の事ばかり、
観光地を観ましても、何の感動も興味も覚えませんでした。
これで、一応、放浪の旅は終わりとします。
本当にありがとうございました。




[mekko:00174] Re: 放浪の旅
Date: 2014/09/17 22:24

S下さんへ
北海道 放浪の旅、無事に完結ですね、おめでとうございます。
「家に帰るまでが山行」です。
気をつけて帰ってきて下さい。
そして帰ってきてからの、写真などの報告を楽しみにします。
A瀬




[mekko:00179] 放浪の旅
Date: 2014/09/20 18:59

S下です。
20日、昼過ぎ家に到着した。
これで完全に放浪の旅も終わりました。
家に帰るまでが登山、まさにその通りです。
長い間、心配をお掛けしました。
本当にありがとうございました。

2014年9月21日日曜日

【山行報告】川又の岩場

思ったより天気の良い週末でした。
泊まりで出かければと後悔しています。

日時 2014年9月20日(土)
メンバー T橋、ほか2(立川山岳会)
場所 河又の岩場

今回も立川山岳会の方に案内いただいて近郊の岩場を訪問。
河又は自宅から1時間ほどの場所にある石灰岩の岩場です。
かつて、交通費要員として鳳来に連れて行ってもらって以来の石灰岩です。

人気ルートは磨かれてつるつるでしたが、面白い形状のホールドもあり、
チャート、花崗岩と違い、ボルダーちっくなムーブもあり楽しかったです。

まだまだ登りたいラインも見つかり機会があれば、もう少し乾燥した時期に訪れたいものです。

【山行報告】雑穀谷

雑穀谷へフリークライミングへ行ってきました。

日時:2014年9月21日(日)
場所:雑穀谷
メンバー:K、T岡

一番下の岩場でUP
オラッチャロックで新サンセット、チャック、ジョーズ見学、不二越

T岡は不二越のハングが越えられず残置
Kさんは大事をとってトップロープ

100岩の雑穀の、ページに載っている川北さんがリボルトされていました
感謝

ルートも整理されたようで、ジョーズ見学はジョーズに合流しなく鳴りました
(合流するための支点は撤去)

ルートが明瞭になりました

1日よく遊びました

【山行報告】奥多摩クライミング

この連休は渋滞を避け、近場でクライミング。
最近、一緒に登らせていただいている立川山岳会の方の案内で奥多摩のクライミングに行ってきました。

日時 9月14日(日)
メンバー T橋、ほか2(立川山岳会)
場所 越沢バットレス

すごーく久しぶりのマルチです。
自宅から電車で最寄り駅まで行き、そこから徒歩40分のアプローチです。
ザックをしょって電車でアプローチとはなかなか新鮮でした。

越沢バットレスはつるつるチャート(真剣に鏡のようにぴかぴかしているところもあるのです!)
でホールドが右側に傾いており、高さも露出感もあり、なんとなく薄暗い雰囲気で疲れましたが、
お誘いいただいた方々のやさしさがありがたかったです。



日時 9月15日(月)
メンバー T橋、ほか2(立川山岳会)
場所 天王岩

昨日のメンバーと一緒に自宅から車で40分のところにあるフリーの岩場に行ってきました。
うすかぶりのルートはなかなか思うように登れません。やはり、クリップする時の保持力が足りないなー。

【山行報告】白山と立山

日時:2014年9月13日(土)
山域:白山 別当出合→砂防新道→白山→観光新道
メンバー:A里

白山は、少し体調不良で体がフラフラしていましたが、何とか久しぶりに白山の頂上に行ってきました。



日時:2014年9月15日(月)
山域:立山 室堂→雄山→室堂
メンバー:A里、息子(6歳)

幼稚園児の息子が頑張り、しっかりとした足取りで、雄山の頂上まで行けました。
初めて雲を下に見た息子は、とても感動していました。

【山行報告】立山 縦走

日時:2014年9月13日
山域:立山 室堂~浄土山~一ノ越~雄山~真砂岳~別山~雷鳥沢~室堂
メンバー:S田、他1名

立山駅に着いたのが6時。
連休初日とあって、既に混雑している。
7時発のロープウェーに乗車、室堂には8時30分着。
それにしても雪の無い立山はいつ以来だろう…。

ルートは室堂~浄土山~一ノ越~雄山~真砂岳~別山~雷鳥沢~室堂の周遊コース。
同行者とは以前、スキーで一緒に御山谷を滑ったこともあり、真砂沢や雷鳥沢には興味ありげだった。

昨日は初霜が降りたらしく、今日も気温は低めだったが、心配していた天候はまずまず。
剣御前からの剣岳も若干ガスに覆われていたが、何とか望めた。

室堂着15時30分。
バスに乗ると同時に雨が落ちてきた。

亀谷温泉で汗を流し、立山町から富山ICへ向かう途中の「うな一」で炭焼きうなぎのひつまぶしを食して帰る(たまたま見つけた店ですが、炭焼きうなぎが絶品でした)。

久々の山だったので、翌日は心地よい筋肉痛でした。

【山行報告】白山 銚子が峰~三の峰

日時:2014年9月14日
山域:白山 銚子が峰~三の峰
メンバー:O田(67歳)N野(64歳)K村(元会員5?歳)

白山・美濃禅定道の未踏破の空白部分をようやく埋めることができ、大満足です。
しかも台風もどきの超悪天だった前回(銚子が峰まで)とはうって変わった好天にも恵まれました。
石徹白登山口到着まで高速(高鷲I.C経由)を利用したのですが、ちょっとした誤算が重なり約1時間遅れの出発となりました。
果たして三の峰まで行けるか少々あせりましたが、その分いつもの植物観察・同定をカットしてひたすら高度をかせぎ、計画書の予定タイムを1時間も短縮する5時間で三の峰小屋に到着できました。
おじん・おばん組としては”拍手!”です。

銚子が峰からは、間近に一の峰~二の峰~三の峰の連なりを見据え、そして別山~南白山~日照岳へと続く尾根を一望出来るこのコースはお勧めです。
何よりも人が少ないのが良いです(すれ違ったのは15,6人位だったかな)。

なお帰路は石徹白川沿いの県道127号~R158~R157をとりましたが、127は途中一車線部分があり対向車が来た場合はすれ違えないのが難です。
この1車線区間を走っていると、約20m先に突然黒いものが二つ現れました。
「てぇっ、クマじゃない!!!...」子グマが二頭、道路の真ん中にいるではありませんか。
対向車を警戒するために付けていたライトに反射した光った目が確認できました。
先方も驚いたのでしょう。あわてて右の斜面を駆け上がっていきました。
ゆっくり走り斜面を見たら、ちょうど車の屋根の高さの斜面にしがみついていました。
母グマは見あたらなかったですが、たぶん近くにいたと思います。
証拠写真を撮ることが出来なかったのが残念です(クマ目撃に興奮し、しばし車内は盛り上がりました)。

山行報告よりクマ目撃の方がメーンになったようです。
久しぶりに充実した山行でしたのでタイムを最後に報告を終わります。

登り5時間(避難小屋まで)下り3時間40分

【山行報告】白山系 某沢

日時:2014年9月13日 
メンバー:H三
山域:白山系 某沢

メンバーの都合で、一人沢です。
歩けば半日とかからないであろう短い沢ですが、コースの下流で、日の出前から、魚釣ってました。
好物なんでしょう、カゲロウに良い反応です。
一旦林道に戻って、入渓地点へ。
記録の通り、水が少なく歩きやすい沢です。
3段ナメ滝を巻いて、さらに上流に行ってからも、窪みには岩魚泳いでました。
逞しいですね彼ら。
沢は早くに終わり、スラブの藪こぎがずっと続いて、山頂へ。
最後は、関電の管理道から車道に飛び出て車まで戻りました。
自宅から一時間圏内にあって、簡単且つ綺麗且つ魚が釣れる、オイシイ沢見っけました!

 

【山行報告】大日山 大日沢右支流

日時:2014年9月7日
山域:大日山 大日沢右支流
メンバー:A川夫妻、Y村

大日山・大日沢右支流へ沢登りに行ってきました。

初級程度の沢でした。
滝の取り付きに泳ぐ箇所があり、程よく水と戯れる沢でした。
またブナの多い沢で、ヒロエさんは「白神山地みたいやね」と言っていました。
(僕は少し違うんじゃないかなと思いました…。)

昨日に引き続いて天気に恵まれていたのでとても快適な遡行となりました。

以前の記録
2011年7月23日

【山行報告】医王山 菱池谷

日時:2014年9月6日
山域:医王山 菱池谷
メンバー:A川、Y村
 
医王山・菱池谷へ沢登りに行ってきました。

初級程度の沢でしたが、CS滝のシャワークライムやトイ状滝でのショルダーなど、
想像以上のいやらしさを秘めた沢でした。奥多摩グレード2級です。
とても楽しい遡行となりました。
 
以上 

2014年9月8日月曜日

【山行報告】福井県 夜叉ヶ池

日時:2014年9月7日
山域:福井県 夜叉が池
メンバー:M宅一家(夫婦+子供2)

白山登頂以来、虚脱感と風邪で8月が終わってしまった。
そろそろ山に行こう。
前夜、福井県を南下すると本降り。今庄の先で庇付き優良物件を見つけてテントを張る。

翌朝は見事に晴れて、登山口へ一番乗りする。
道は立派に整備され、植生も豊かで気持ち良く歩く。
3時間で池に着く。大きなオタマジャクシが沢山、サンショウウオが少し、池に映る人影はポツポツ。
一段上がって池を俯瞰して終了。

夜叉帰り 栃の身 拾う子供達

【山行報告】剱岳 源治郎尾根

山域:剱岳 源治郎尾根
日時:2014年8月23・24日
メンバー:H三、(他2名)
(1日目)
午後のロープウェイに乗って、夕方に剣沢幕営場に到着。
豪勢な夕食を頂いてそのまま就寝。幸せ。

(2日目
4時過ぎに剣沢を出発して平蔵谷まで雪渓下り。
源次郎に取りつき、マツの根をくぐりながら、所々岩っぽい場所を上る。
岩が濡れているので、ロープを出して登る
Ⅰ峰に着くころには、本降り。
Ⅱ峰でも雨で周りが見えない中、ぬるぬるの手袋で懸垂下降 
トレースから付かず離れず、出発から6時間をかけて、ようやく剣岳に到着 
ヘロヘロで下り、なんとか17時のバスで帰りました。




源次郎尾根の下降支点


2014年9月1日月曜日

【山行報告】放浪の旅①

会員のS下さんが、お仕事を定年で辞められ、念願の北海道の山旅に出られました。
リアルタイムでめっこメール(会内のメーリングリスト)に流れた山行報告を、ほぼそのまま掲載します。




[mekko:00116] 放浪の旅
Date: 2014/08/24 10:12

S下です。20日で退社しました。
長い間思い続けた北海道へ放浪の旅が、ようやく実現しそうです。
最初に利尻岳に登ります。
28日に利尻北麓野営所から、日帰りの予定です。




[mekko:00117] Re: [mekko:00116] 放浪の旅
From: N野

おめでとうございます
ついに夢の実現ですね、楽しんできてください




[mekko:00119]
Date: 2014/08/28 18:07

S下です。
利尻岳に予定通りに登ってきました。
北麓野営場を5時出発、頂上には10時に着きました。
無風快晴、景色は最高、思っていた通りの素晴らしい山でした。
鴛泊フェリー乗り場には4時30分着、最終便に乗ることができました。
次の羅臼岳は日程が分かり次第に連絡します。




[mekko:00122] 放浪の旅
Date: 2014/08/30 6:22

S下です。
利尻岳を下山して、その日は宗谷岬で泊まりました。
海からの日の出に感激、そこで、食事の仕度をしていると、北ぎつね、が、食いものねだりに来ました。
写真を撮り、知らん顔をしてると、いつの間にか、消えました。
その日はクッチャロ湖やいろいろ観光めぐり、ゆっくり、道の駅サロマ湖に到着、そこで泊まりました。
今日も快晴です。
明日、31日、羅臼岳に登ります。
よろしくお願いいたします。




[mekko:00123] 放浪の旅
Date: 2014/08/31 18:25

S下です。
知床半島は今日も快晴です。
無事、羅臼岳に登ってきました。
頂上から、国後島が、うっすらと見えました。
5時30分、岩尾別温泉出発、
頂上着、10時、
下りは筋肉痛と膝痛の為、時間がかかり
10時30分、下山開始、岩尾別温泉着14時、でした。
次の斜里岳は9/2の予定です。
よろしくお願いいたします。




[mekko:00125] 放浪の旅
Date: 2014/09/01 8:44

S下です。
急で、申し訳ございません。
早くに斜里岳登山口に着きましたので、これから斜里岳に登ります。




[mekko:00126] 放浪の旅
Date: 2014/09/01 18:17

S下です。
今日も快晴でしたので、予定を早め、斜里岳に登ってきました。
いろいろな情報で、難しく、厳しいと聞きました。が、体が山になじんできたのか、沢登りもあり快適な山でした。
明日も好天の予想なので、雌阿寒岳に登ります。
よろしくお願いいたします。 

【山行報告】雑穀谷

日時:2014年8月31日(日)
山域:雑穀谷 
 
今日雑穀谷へ行ってきました。
メンバーはA川、T岡、Y村です。
下の岩場で2本、その後ジョーズ見学、新サンセット、チャック、不二越を登りました。

A川さんはスイスイと登り、Y村くんは全力を出し切ったようでした。
私も最後はアブミでした。
人工壁だけでなく、週末の半日だけでも倉が岳など岩場へ行かないとだめだと感じました。
 
以上 

労山祭り

毎年、石川県勤労者山岳連盟で開催している「労山祭り」。
今年は、医王の里キャンプ場にて盛大に執り行われました。

日時:2014年8月30日(土)
場所:医王の里キャンプ場
参加者:多数!!

お昼に新人のY村くんと食材の買い出し。
「いつもみんな何か持ってくるから」と適当に買い出しをして医王の里へ。
しかし集まったメンバーはものの見事に手ぶら!!
お隣のハイキングの方々が見かねていろいろと差し入れをしてくれる。
「ありがとうございます!」

会場は主管会「チャムラン山の会」の方をはじめ、多数の方々で賑わう。



「皆さん、焚き火の周りに集まってくださーい」と招集。
盛大な焚き火と、各会の紹介と、山の歌など。

その後も宴を続きます。
色々な会の方々とお酒を飲みながらお話をし、交流を楽しみました。


こうして色々な方々と山の話やらあれこれ話をするのは楽しいのです。


石川県勤労者山岳連盟のHP
http://iwaf.jp/
(そのうち労山祭りの記録がアップされるでしょう)