2014年5月6日火曜日

【山行報告】燧ヶ岳(山スキー)

「今だからの山スキーツアー第二弾」の報告です。 日時 平成26年5月3日(土)〜4日(日) 山域 尾瀬 燧ヶ岳(ひうちがだけ)硫黄沢源頭部&北面 
メンバー T橋(単独)

先週、無念の通行止めにより訪れることのできなかった燧ヶ岳に登って滑る事 ができました。
とりあえずはリベンジ成功です。が、本当の山頂が隣のピークだとは知らずに下山してしまったため、未だ山頂を踏めておりません・・・。

 3日 自宅から燧ヶ岳の登山口である御池まで福島側からは片道で5時間かかるらしく、前夜入りすべく夕方5時に自宅を出る。
この日はGW初日で、東北道、関越道ともにえらく渋滞していたらしい。
のんびりでたおかげで全くの渋滞知らずで檜枝岐村に到着。
麓のミニ尾瀬公園にて車中泊。

4日 ゲートオープンを待って7時30分に御池着。
続々と登山者が集まりだし、さすが に有名な山である。
天気もよくトレースもばっちりなので順調に高度を稼ぎ、1時間ほどで能代田代着。
だだっ平原の奥に広がる燧ヶ岳の眺めはなかなかである。
 
 
ここからさらに1.5時間ほどで山頂着。
しばし休憩後、硫黄沢源頭を200mほど滑る。 出だしは急だが、東面であり適度に雪も緩んでおりこの日一番の快適滑降であった。
  1時間ほどで山頂に登り返し、往路を戻る。
既に多くの人が登り、滑りきった斜面はゆるんでいるもののギタギタになっており、その上、樹林の濃い部分も多くいまいち面白くない。
と言う訳であっさり下山し、13時に登山口に戻る。 翌日の予報が芳しくない上、会津駒の下部はかなり雪解けが進んでいるようなの で予定をキャンセルし、麓の温泉で汗を流し、家路に着いたのであったが、東北 道の渋滞につかまってしまい、10時間近くかかり、23時過ぎに自宅着。 運転に疲れました・・・。

【山行報告】医王山 菱池谷(へしけたに)

浅野川源流紀行、今回の狙いは奥医王山の沢である。 沢シーズン始めの足慣らしを兼ねて2日に分けて菱池谷とワ谷を遡行してみました。 日時: 平成30年6月16日(土) メンバー:T橋(L)、S田、M崎 行動時間: 菱池橋6:35~菱池谷~11:45稜線(登山道)~11:50奥医王山1...