2019年2月20日水曜日

【山行報告】八ヶ岳南沢大滝、乗鞍高原善五郎の滝(アイスクライミング)

日時:2019年2月16日〜17日
メンバー:M崎、T野(記)

2月15日 金沢発 道の駅小淵沢でテント泊
2月16日 赤沢山荘駐車場発6時 南沢7時くらい
小滝 一本登り
大滝で二本登る、たくさんの人で大賑わい、登りたいラインを取りにくい。
二本目でリードのM崎君フォール、結構落ちる、バイルは一つが壁、もう一本は下へ落下。
香港在住インド人に拾ってもらい、ロープにつけて、M崎氏へ渡す。M崎氏一本のバイルで登り返すが、バイルまで届かず苦労する。それを見てた、となりのラインをトップロープでビレイしていた、アメリカ人が、友達がトップアウトしたら、ロワーダウンの途中でバイルを回収して目崎氏に届けようか?と提案してくれる。M崎氏にどうしたい?と聞くと、お願いします、と言うのでお願いすることにした。
that is very kind of u!
そのあとフォローした私も、バイルを一つ落っことしたがほとんど登り切ったところだったから、そのまま、登りきる。また小滝へ移動して4本登る。
風呂に入り、道の駅南清里で泊まる。テントで焼きそばを作ってたらふく食べた。夜は底冷えする。

image1.jpeg
小滝でアップ

image2.jpeg
南沢大滝は大賑わい

2月17日
7時湯川、偵察するが、氷の張り方に比べ人多過ぎ、移動。カモシカスポーツに寄り道したあと、乗鞍岳の善五郎の滝。
13時。M崎氏はK村氏と来たばかりの場所だが、かなり溶けているらしい。なぜか誰もおらず好きなラインを登れる(o^^o)!最初ヨコの小滝を4本登り、次に大滝を二本登る。16時まで登り終了。

image3.jpeg
アイスクライミング初リード

image4.jpeg
大滝はボッコボコ

image5.jpeg
大滝2本目

感想 アイスクライミングは道具を使いこなすのが寒さの中でこともあり、経験と慣れが必要と感じたが、2日練習できたので、やっと飲み込めてきた。道具を使いこなし、サクサク、リードできるようになれば、アルパインクライミングの幅が広がると思うので楽しみだ(o^^o)
スキーも練習したいし、冬が楽しくなりました。M崎氏にはいろいろと教えていただき、勉強になりました。

T野 記

2019年2月15日金曜日

【山行報告】3連休 妙高ツアー

日時:2019年2月9~11日
山域:妙高周辺
メンバー:T原、K、S田、K村、H多、A瀬、(チャムラン2名、一般2名)

「3連休、妙高周辺で滑りましょう」というT原さんのお誘いに乗った総勢10名で妙高ツアー、通称『慰安旅行』に行ってきました。

2月9日(土)曇・雪 黒姫山東尾根 8名
車であふれる黒姫山スノーパーク駐車場にやっと駐車し、リフト始発9時を待ってゲレンデトップへ。1700円も払ってあまり標高差は稼げないのでお得感は無いね。
ゲレンデトップには山スキーヤー・スプリットボーダーが沢山いて、すでに準備を整えている。
トレースをありがたく使わせていただき、小雪舞う中ドンドン高度を上げていく。途中で何パーティーかを追い抜いたがトップは遥か先で、結局ラッセルする事なく黒姫山外輪山へ。
関西からのスプリットボーダー4人組とご挨拶を交わしてから東尾根へドロップ!
が、先週の雨でガリガリ雪の上に10数cmばかりの新雪が乗っただけであまり楽しめない(悲)。
T原さんの指示で左手の尾根を意識しながら滑り下るが、途中で2名とはぐれてしまう。
無線で連絡を取り合い、別パーティーとしてそのまま谷筋から尾根に復帰してもらい、そしてゲレンデで無事に再開。

温泉に入ってサッパリ汗を流し、車を乗り合わせて長野市へ移動。
途中のびっくりドンキーで食事を済ませ、長野市に移動して某事務所を使わせていただき快適に就寝。(どうもありがとうございました。)



2月10日(日)曇・小雪 鍋倉山 10名
車を乗り合わせて温井集落の路肩に駐車。遅くに到着したため車がイッパイ!さすが人気ルートです。
トレースを使わせていただきサクサクと上がっていく。
ダベっとした所を過ぎ、気持ちの良いブナ林を上がっていくとやがて鍋倉山に到着。ガスで視界が無いのが残念。
シールを剥がして、上りで目をつけていた北面の急斜面にドロップ!!
「ひゃほー♪」とスプレーを上げて滑っていく。雪がいいぞ!
「これはオカワリしないとね」
とこれまた上り返しトレースを使って再度山頂へ。
次は山頂から北面の谷を気持ちよく落とし、下りトレースに乗って車に帰着。

某事務所の近くの居酒屋『赤から』で楽しくクダを巻く。


2月11日(月)晴 栗立山 9名
4年前に雪崩事故があった栗立山(私の大学の後輩が起こした事故。本人は自力脱出しましたが、パートナーが亡くなられました。)。
路肩に駐車させていただき、やはりトレースを使わせていただき上がっていく。(結局3日間、ラッセル無しでした。)
本日の天気は晴れ!
「これは『嵐を呼ぶ男』が帰ったから?」
「K山さんに感謝しないとね」
と気持ちよく上がっていく。
栗立山直下の大斜面を見上げ、「ここを滑るのか!」と胸が踊らされる。
念のため弱層テストをして、ECTチェックでは弱層が走らないため「表層雪崩は起きないでしょう」と判断。
山頂に立つと展望が広がる。
「これ、東面よりも北面の谷が面白そうじゃない?」
となり、6名と3名でパーティー分けをする。
北面組は気持ちよく谷を落としていき、コルに少しだけ上り返し、コルから谷へ!
「気持ちい~!」「サイコー」
とだだっ広い谷をドンドン滑っていく。
万内川に下りるとさすがに流水が見え、スノーブリッジを際どく渡りながら車に帰着。

東面組に「北面スッゴク良かったですよ!」と言った所、「イヤ、東面もめちゃくちゃ良かった!」との返答。
結局、栗立山の谷はどこも良いという事らしい。(雪崩に注意ですよ)
 
 
10名もの大人数での山行をとりまとめしていただいたT原さん、感謝です!

【山行報告】八ヶ岳南沢大滝、乗鞍高原善五郎の滝(アイスクライミング)

日時:2019年2月16日〜17日 メンバー:M崎、T野(記) 2月15日 金沢発 道の駅小淵沢でテント泊 2月16日 赤沢山荘駐車場発 6時  南沢 7時 くらい 小滝 一本登り 大滝で二本登る、たくさんの人で大賑わい、登りたいラインを取りにくい。 ...