2011年10月31日月曜日

【山行報告】早月尾根~劔岳ピストン


日時:平成23年10月30日
メンバー:浅瀬、福島、福田
山域:北ア 早月尾根~劔岳

週末日曜日の天気予報ははっきり悪い。どうして平日晴れて週末雨なの?などと嘆いても始まりませぬ、早月尾根に参りましょう!

4:30 森本IC集合。
6:50 ポツリポツリと小雨が降る中、馬場島を出発。中村さんは体調不良で、「山を見ながら車で待機します」とのこと。待っててね。
『試練と憧れ』の石碑を左手に急な登りに取り付く。
シットリと紅葉に染まる松尾平を落ち葉を踏みしめながら歩くのは気持ちがいい。
10:00 早月小屋に到着すると、先行者(トレラン)がいてご挨拶。
なんでも今朝4:30に出発して頂上を踏んできたそうな。早いですねー。
小屋上から登山道には雪が薄っすらと積もる。もうお山は冬仕度ですな。
12:00 劔岳頂上到着。ガスの中視界もなく、風雨が冷たい、寒ッ!!
お宮さんに手をあわせて下山しましょう。
16:30 馬場島に帰着。中村さんお待たせしました。

家に帰って体重計で測ると2kg体重が減って66.5kgと自己新記録を更新!!ヤッタ。
しかし翌朝測ると元通り(ビールか?)。ガクッ

紅葉の絨毯を踏みしめて行きます
雪が出てきました
早月小屋に到着。さむっ
目指す頂きはガスの中
ガンバガンバで
ライチョウくんがぞろぞろ。9羽もいました。
剱岳山頂です。寒いしガスで視界は無いし、とっとと下山ですな
外界はガスの中

2011年10月24日月曜日

【山行報告】チブリ登山道整備

日時:平成23年10月23日
メンバー:崎田、上里、浅瀬、(白山の自然を考える会5名)

「白山の自然を考える会」が県から委託を受けて実施している「チブリ登山道整備」。
10月末は本年最後の登山道整備ということで、小屋閉め(雨樋の撤去、トイレ掃除)をしなければなりませぬ。
しかし、、、、あいにく天気予報は雨模様。
「体調不良で不参加です」という連絡がチラチラと・・・ 

朝6:00、白山比咩神社に集合。
めっこ2名、自然を考える会5名です。
市ノ瀬から歩き始めは天候も高曇りでチラリと薄日もさす。
「この分なら天候も持ちそうだねー」などと話をしながら紅葉を愛でながら歩く。
ぬかるみでは登山道整備です。
ぬかるみに樹の枝、石などを敷き詰めます。
と、チブリ小屋手前でポツリ。。。
天気予報通りでした。 
 
雨の中、笹道を歩くため裾がビショビショである。
「しぐるゝや しぐるゝ山へ歩みいる」
などと昔好きだった山頭火の歌なども浮かんでくる。
小屋には昨日砂防新道~白山~別山~チブリ小屋、と回った筈の上里さんがいない。
あれ?天候が悪くて山行中止にしたのかな?

とりあえず天候も悪いので私独りで別山山頂をピストンすることにする(登山道整備なので、チブリ道のルート確認が必要)。
その間に小屋閉めをしてもらいましょう。 
チブリ避難小屋。雨樋を撤去し雨水タンクも片付けられました。
 
濡れた腐葉土の香り、ガスの中に浮かぶ樹林、頬を冷やす風。。。
フー、雨の中歩く登山道もいいものです。 
雨に煙る木々。カッパを着込んで歩くのも結構オツなもんです。
 
と、前方から下山者が、
「あれ?上里さん!」
なんでも小屋掃除をして退屈したので全装を担いでちょっと歩いてきたそうな。
お疲れ様です。

上里さんとも別れ、別山山頂へ。
今日も登らせて頂きました、ありがとうございます。と祠に手を合わす。
では、さっさと下山です。 
今日もありがとうございました。

白山の自然を考える会の方は筧を振るい、杭を打ち込み、岩や枝を敷き詰め、と完全な土木工事で登山道を直していく。
スゴイねー

無事に下山した頃に雨がまたザーと降り始め、別当出合の上里さんの車を回収し、精華園でラーメンを食べて帰沢。
 

2011年10月17日月曜日

百万石ロードレース

 
山の体力増強プラントとして犀川沿いをテクテクとランニング。
しかしひとりで走るのもチト飽きた。
ということで百万石ロードレース(ハーフマラソン)にエントリー!


誰か一緒に走ろうぜー、と声かけをした所2名が参加表明。
皆さん、各自自主トレですよ!



日時:平成23年10月16日(日)
メンバー:浅瀬、高橋、福島

朝、本多の森公園は人でいっぱい。ランナーっていっぱいいるのね。

本日の目標は何よりも完走すること!
なんせここんところ全然練習出来てない上に、生まれてこの方20kmなんて走ったこと無い!
ドキドキの未知の世界です。

朝8:00、出走。
兼六坂から下りてお堀通り~鱗町~笠舞~ずーっと犀川上流、そして折り返し、というコース(分かりにくい説明ですみません)。

とにかく長かった・・・
折り返しまで11kmはひたすら上りです。
ところどころ渋滞を引き起こしながらも、沿道の方の声援は大変にありがたい。
またボランティアスタッフの方々も、道路整理や給水をしてくれたり、ご苦労様でした。ありがとうございます。
途中で雨も降ったが、こちらは走ってるのでちょうどいい(反対にちょっと冷えたくらい)。


結果、福島、浅瀬が無事完走
高橋は、この百万石ロードレースだけなのか他もそうなのか知りませんが、19km関門1h50mで強制終了とあいなる。(時計を忘れて時間配分ミス)
ゴール寸前でかなり悔しそう。
(ちょっとヒドイんじゃないの、主催者さん!)

感想、初めての大会、初めて走る距離、とドキドキでしたが、マラソン大会、なかなか楽しいという事が分かった。
たしかにマラソンがブームというのもよく分かる。次は是非フルにも挑戦したいね。

2011年10月7日金曜日

ウルタルⅡ峰南東ピラー


山域:パキスタン ウルタルⅡ峰南東ピラー「別名:ヒドゥンピラー」登攀
メンバー:ギリギリボーイズ(佐藤、一村)


パキスタンのウルタルⅡ峰に海外遠征に行っていた佐藤君達ギリギリボーイズが無事下山しました。
長文の報告と、画像をもらいましたので、HPの方にも一部掲載します。


=報告序文=
2010年のラトックへのトライではあまりにも多くの危険が降りかかりすぎて、同じ条件での再トライは死を意味するように感じられた。次はないと、山からの最 後通告を受けたかのようだった。
しかし今回は、そう思わない。同じ敗退であっても、トライを振り返り、攻め際や引き際に大きなミスを見出すことはできな かった。自分の決めたスタイルと山が与える条件の中で結果的に最良に近い判断の元、行動できたはずだ。
嵐の中、6500mで天を仰いだ。
厄介なルート取りを強いられながらも標高差2000m以上を登攀した。
それでも後、1000m近い彼方にピークは聳えている。
あの地点に登り詰めたとき、僕らにはどうしても晴天が必要だ。
そのチャンスをもらうために、また僕はこの巨大なピラーに戻って来たいと思う。


BCへのトラバース
シュクムシュンから逃げるポーター
2人でBC入り
ウルタル全景


トライ2日目ルンゼ
トライ3日目後半
トライ4日目
トライ4日目
トライ6日目

トライ8日目下降

2011年10月3日月曜日

観月コンパ



観月コンパ
日時:10月1日(土)
場所:片町の某居酒

2年ぶりに永井さんが米国から一時帰国をするという、それはお祝いをしなければなりませぬ。
めっこに新人君が2名も入りました、当然歓迎会をしなければ!
という事で開催された「観月コンパ」、沢山の人で部屋は満杯です(部屋が狭かった)。16名の予約でしたが、もっといたんじゃないのかな?

チビ3人も元気だし、高橋家にホームステイ中のドイツ人も混じり、さらに東京から横田さんも馳せ参じ、上里さんは手相占い師となり、と大変に盛況な飲み会となりました。
最後には崎田さんの「円盤踊り」を奉納し(お店の人は呆れ顔、しかし太一君(永井Jr.)は気に入った様子。)、無事観月コンパを締める事ができました。

その後、約4名が2次会(ペーパームーン)、そして3次会(もんじゃ焼き)へとフラフラ流れ行き、翌日の倉ヶ岳の清掃登山&岩トレでは「浅瀬、酒臭いよ」と言われながら上ることに。。。

秋のクリーン登山「倉ヶ岳」

日時:平成23年10月2日
場所:倉ヶ岳
メンバー:三宅夫妻+2、上里夫妻+2、横田、崎田、中村、北、寺岡、浅瀬

秋の恒例行事、「クリーン登山」をいつもお世話になっている倉ヶ岳周辺で行いました。

めっこの次世代を担う(?)チビ君達も一緒にゴミ拾いです。
可燃ごみが1袋、空き缶、ペットボトル、一斗缶、ビールケースも!なぜこんなゴミが??

クリーン登山の後は、新人君のマルチピッチの練習です。
ちょうど懸垂で下りてきた頃に雨がザー。
ダメだ、もう終了。

お昼過ぎになったので、近くの「熊次郎」で食事にしましょう。
イノシシカレー、キノコそばを堪能。

横田さん、遠い所からありがとうございました。
清掃登山、終了

岩トレです

熊次郎でお食事。「ムラサキシメジ」に、えーっとなんだっけ?他にもキノコのお話を沢山うかがいました。

【山行報告】小川山・瑞牆山ハイキング

日時:2017年11月19日(日) 山域:奥秩父 小川山・瑞牆山 メンバー:A瀬 土曜日は東京で用事(日本勤労者山岳連盟の理事会)。 せっかくなのでどこかに行きたいな、そうだ、小川山と瑞牆山を歩いてみよう! 韮崎市の24時間有料駐車場で車中泊。朝方寒くて寝袋から出られず、2度寝。...