2017年2月17日金曜日

【山行報告】 御世仏山

前日のガオロピークが予想以上に厳しかったので、翌日は五箇山の御世仏山(みよぶつやま)にパウダーを求めてみました。

日時 平成29年2月12日(日)
場所 五箇山 御世仏山
目的 山滑り
メンバー Kた、S田、T橋、T原、他1

雪降りすぎです。前日のガオロピークではパウダーに食われちゃったので、食い返せそうなお手軽な山に変更。
富山労山の方々と一緒にラッセルするも深い上に重い雪に苦しめられて予想以上に時間がかかる。
近頃フリーばかりだったので久しぶりに山頂に立つことにこだわってみたものの湿った雪が降り続け不快極まりなし。

さっさと滑りの準備を済ませいざいかん。
出だしは傾斜もあり北斜面なので期待して飛び込むも雪重し…。
それでも滑り続けると意外と良い場所があり、雪煙を撒き散らし滑る様はそれなりにパウダー感が出てました。
沢沿いには堰堤があり、勢いあまってそのままジャーンプなどもありましたが、最後は30分ほど林道ラッセルで登山口に戻る。

ブログで手軽なパウダーエリアとして評判でしたが、気温がかなり低い時を選んだ方が楽しめそうです。



【山行報告】白川村・ガオロピーク(h=1745.9)

大雪警報の中、白川郷・御母衣ダム近くのガオロピーク(h=1745.9)と呼ばれているピークを目指してきました。

日時:平成29年2月11日(土)
山域:白川村・ガオロピーク(h=1745.9)
メンバー:T橋、A瀬、T原 ほか3名

3年前にも山行報告されている、御母衣ダム近くのガオロピーク。
私(T原)はまだ行っておらず、以前から登ってみたいと思っていました。
冬型の気圧配置で全国的に大荒れの予報。大雪警報が出ている中の決行。

周辺道路は除雪車が走り回っていたが、幸い御母衣湖畔の駐車スペースが広く除雪されていて、そこに車を置かせてもらう。
トンネルを歩き、尾根取付へ。ツボ足ならば腰までゴボる。
スキーに乗り込み尾根取付の急斜面を見上げる。
深雪でも今回6名なので、ラッセルを回せば何とかなるかと楽観。

尾根に乗り上げれば、あとはなだらかな広めの尾根。
しかし、途中小さなアップダウンもあり、2名のボーダーは不安げ。
やはり深い新雪でラッセルに時間が掛かり、山頂300mくらい手前でタイムアップ。
お楽しみのパウダーラン!と思いきや、深雪と緩い傾斜に滑りも苦戦。
ところどころのパウダーは楽しいが、下山に手間取る。ゴールは日没ギリギリ16時過ぎ。

パウダー食うつもりが、パウダーに食われちゃった気分です。

御母衣ダム湖畔の駐車スペースに車を停めさせてもらいます

トンネルを抜けて尾根に取り付きます。雪が多い!

水路を渡るため、堰堤を超えてからブリッジを渡りました。

尾根までは急登です!その後は尾根登り。

h=1520のあたりから斜度が緩くなり、微妙な登り返しも

思ったより時間を喰い、ガオロピークは諦めました。

雪はフッカフカ。やや段差がウルサイです



2017年2月4日土曜日

【山行報告】 日照山・三方崩山 山スキー

この土曜日に、白川郷付近の日照岳(ジャンクションピークまで)と三方崩山(林道途中まで)に滑りに行ってきました。

日時:平成29年2月4日(土)
山域:日照山・三方崩山
メンバー:Kた・T原

滑りたい欲求がフツフツとしていたので、白川郷あたりのどこかに行く事にしました。
三方崩山、日照岳、野谷荘司を考えましたが、気楽な日照岳に。
晴天で早朝はマイナス7℃。しかし樹林帯をハイクアップしていると暑い暑い(汗)
太陽も高くなり、気温も上がってきているようだ。これでは雪が腐ってしまう!と思ったので、山頂行きは取り止め、ピットチェックして滑る事とする。
雪はパウダー!気持ちいい!しかし標高を落とすと、当然だが雪は悪くなった。春の雪のよう。

早々に降りてきてしまったので、物足りない。
三方崩山の弓ヶ洞谷のルートを調査がてら歩くことに。
すでに林道にトレースがあり、それを追う。
これがまた、林道が長い!対岸に渡りたいが谷は埋まっておらず、延々と歩き続けるうちテンションダウン↓
ちょうど三方崩山の荒々しい姿を見る事ができる所で、林道も終わり、渡渉点も確認できたので引き返して来ました。

帰りは春の雪のように、まったく板が走りませんでした。


日照山
三方崩山

【山行報告】医王山

登山日:9月10日 山名:医王山 栃尾コース~小原尾根 メンバー:S下,N野,ほか1 医王山の未踏コースをということで栃尾から登りました。 あまり登られていない所なので荒れているかと思っていたが、中程までは北陸電力によって手入れされていた。 上部はほとんど沢登りで変化...