2018年5月21日月曜日

【山行報告】北小松の岩場

メンバー:T橋、T野、U島、N盛、M崎、他1
日程:2018年5月20日(日)
天気:晴

日帰りで『北小松の岩場』に行きましたので報告します。

北小松の岩場は滋賀県琵琶湖の近くにあり、高さ15m程度、グレードは5.5〜5.11と初中級者向けの岩場となります。
岩場からは琵琶湖が一望でき素晴らしいロケーションでした。

アプローチでは入口を間違えてしまい悪路を歩きつつも何とか岩場に到着。
適当に簡単なルートを何本か登り体を慣らした後、空中分解(5.10c)に挑戦するも核心のバンドからカンテに移るムーブが難しく敗退。皆さんトライするもT橋さんのみRPでした。
ダーククリスタル(5.11c)へはT野さん、U島さん、N盛さんがトライしましたが登れず難しかったようです。

その後、スパイスマジック(5.10c)にトライするも被り気味のスタートで腕がパンプし1ピン目でテンションかけまくり、2ピン目以降はシビアなスラブにビビり隣のルート(5.8)に逃亡。。。
結局皆さんも同じような状況でした。

今回の山行では、夏に向けて岩場に慣れるには良いルートに登れ、皆さんでワイワイしながらの楽しい山行となりました。
宿題も出来てしまったので、再度訪れた際にはリベンジを果たしたいです。




2018年5月16日水曜日

雨が降る前に岩トレです

日時:2018年5月13日(日)
メンバー:T橋、S田、A瀬、U島、N盛、M崎(新人)
雑穀谷にクライミングに行きましょう、しかし天気予報は雨。。。
「朝方は保つんじゃない」、という事で金沢市近郊の倉ケ岳でのクライミングに計画を変更します。
朝、5:00に駐車場に集合。昨晩通り雨があったようで道が少し濡れてます。岩場についてみると、幸い岩は乾いてました。ヨカッタ

シーズン初めの岩は倉ケ岳からですね、という事で早速取り付くも全然登れない(涙。。。)
新人くんは東京で鳴らしただけあって安定して登ってます。これは期待の大型新人くんです!
各自2本ほど登った所でポツリと雨。思ったよりも早いよ~。
撤収しやすいようにトップロープを張ってクライミング。雨が強くなりだした為、7:00前に撤収です。

2時間もクライミングが出来なかったですが、皆でワイワイ岩と戯れるのは楽しいですね。

登り足りない新人含む3名は、午後からKCウォールに行ったそうです。




2018年5月15日火曜日

【山行報告】奥穂高岳・南稜

この土日に奥穂へ南稜から登ってきました。

日時:平成30年5月12日(土)・13日(日)
山域:奥穂高岳(岳沢~南稜~山頂~涸沢カール~上高地)
メンバー:H多、T原、I垣(フウロ)

当初は南白山の山行を予定。しかし日曜は雨予報。別山から南白山への稜線は雪が無く藪コギ必至、との情報からサブプランとしていた奥穂南稜としました。
事前の天気予報で土曜は晴れ、日曜は雨。何日か前からこの予報は変わらず。土曜も雨なら中止にするのに。。。

登攀日の土曜は予報通り快晴の山日和。
沢渡BT始発バスに乗り、上高地に着く。カッパ橋から見る山は雪がまばら。南稜は藪コギかも。。。
岳沢小屋まで歩き、休憩がてらハーネスとアイゼンを装着。
南稜取付でトリコニーを見上げ、メンバーに1峰と2峰を登る事を説明。
ルートはやはり雪が少なく、雪質もグサグサで悪い。岩も露出しており藪コギもこの季節にしては多かったのではないかと思う。

何度かロープを出したので、ペースも少し遅くなってしまった。
長野で地震があったよう。そしてヘリが前穂や明神の上を飛ぶ。
なにが起こっているのか。。。それでも進むしかないので先を急ぐ。
一峰の頂上の乗越しが一番ヒヤっとしたが、何とか突破。ここで時間的に押している事を確信する。
二峰を越え、南稜の頭へ続く雪稜を息を切らして登り、18時少し前に稜線に出た。とりあえずは安全圏でホッとする。奥穂山頂で、無事の登頂を喜び、祠にお礼を言い、白出のコルへ向かう。しかしこの下りも甘くなく、とうとうヘッデンを灯して、穂高小屋へ19時過ぎに到着。

風が強く、テントを設営するのも大変。夜中じゅうフライがバタバタして、みな寝不足気味。
翌朝早めに行動開始、雨が降る前にテントを撤収し出発。涸沢カールに降りる。そこから横尾に着く前に雨が降り始め、上高地に着くまで止むことは無かった。当然ビショ濡れ。
12時台のバスに乗り、沢渡近くの温泉で温まり、蕎麦を食べて帰宅した。







2018年5月10日木曜日

【山行報告】雑穀谷クライミング

日時:2018年5月5日~6日
メンバー:T橋・T野・N盛

シーズン初のクライミング
初日
サクッとバットマンでも終わらせて、不二越やろうかな?と軽く考えていましたが。
アップを兼ねて、Aフェイス・・・
登れない・・・登れない
ブランクとは怖いものですね。
5.8が登れない。 もはや病気です。
気持ちを切り替え全力で森林浴に勤しむ。
新緑が綺麗でした。

後半、T橋さんが調子を戻してきたのは、さすが!
新堰堤ルートなども最後にはしっかり登りきっていた。
キャリアが違いますね。肩の調子だけが心配。
スラブとフェイスなら腰は大丈夫みたいなので、復帰期待です!!

二日目
昨日と同じくAフェイスから
かなり体が動くようになってきてストレートフラッシュは一発で
これほど違うとは・・・ やはりクライミングは楽しい。
その後、メインのオラッチャロックへ
とりあえずバットマンへ取り付く、なんとも魅力的なルートだろうか
改めて雑穀の魅力に圧倒される。
前日と比べて体がだいぶ動いてきたので、バットマンをリードでTRY
核心で落ちたがやはり楽しい。(ビレイ位置が変わりました。)
次回はRP行けるだろう。
T野さんはさすが、頭が上がらない。 素晴らしいクライミング技術。
その後、新サンセット・チャック・ジョーズ見学を登る。
N盛登れず、T野さん余裕で登る。
改めて雑穀の良さに気づく事が出来非常に良かった。

これから暑くなるので、次回からはゲート開いたらすぐ行けるような早めの集合がいいかもしれない。
みなさんで通いましょう!! 




2018年5月7日月曜日

【山行報告】太刀岡山左岩稜マルチ

日時:2018年5月6日
山域:太刀岡山左岩稜マルチ
メンバー: K、他1
行動時間:4時間30分
全9ピtッチ
使用装備 シングルロープ50M×1、キャメ0、3~4番1セtット、アルパインヌンチャク4+ヌンチャク2とその他装備
P7の名物ナイフリッジで写真撮影大会

2018年5月4日金曜日

めっこニュース

めっこニュース 2018年3月号

めっこニュース 2018年4月号

第53回めっこ山岳会定期総会報告


2018年5月3日木曜日

【山行報告】白山 東面台地 山スキー

【山行報告】白山 東面台地 山スキー
日時:2018年4月29日
山域:白山 東面台地
メンバー:A瀬、T原、K村、N盛

前々から興味のあった「白山東面台地」に行こうと計画。
単独で行こうかと思っていたが、例会で計画を出したところ手が上がり4名での山行となる。

朝3:00、若松Pで軽トラに自転車を積込み、車を2台で出発。
途中でパトカーに職質され、「これから白山なんです」と説明し(よく分かってなさそう)、福光ICから高速に乗って平瀬ゲートに到着。
ゲート前は車がいっぱい。そしてまさしく今出発していく自転車の方もいて大盛況ですな。

4:50 平瀬ゲートを出発。
自転車は、3人はMTB、そしてT原さんは嫁さんのギア無しママチャリ。
よくこんなので走りましたね、とその労を讃えて「オトコT原」の称号を贈る。

7:00 自転車を路肩にデポし、薄っすらした踏み跡を辿り白山東面台地に上がる。
雪を探してブッシュをしばらく漕ぎ、雪が出てきた所でようやく板を履く。
たしかに「台地」と言いたくなる広い尾根は雪はかなり減っているようだが、繋がってくれている。
T原さんは、兼用靴が足に合わないようで遅れがち。「無線で連絡を入れるので先に行って下さい」とパーティーを分ける。
天気の良い中、なだらかな斜面をシールを効かせて上っていく。
標高を上げると少し斜度が立ち、有名な「コブラツリー」を横目に進み、最後は転法輪谷をクトーで上りあげる。

12:45 山頂に到着。
ふ~、疲れましたわー。
山頂は、市ノ瀬ゲートが27日に開いた事から、そちらからの登山者も結構いますね。
T原さんも遅れて到着。
「足が痛いのでロキソニン(痛み止め)をのみました」さすが「オトコT原」、根性ですね。

13:55 山頂でノンビリ日向ぼっこを楽しんでから、滑降開始!
転法輪谷は斜度はあるが、雪が緩み快適なザラメを楽しく滑る。ウ~ン気持ちいい♪
しかし中腹からは縦溝が出てきて、足をプルプルさせながらの辛い滑り。足にきますわ。

15:20 ブッシュを漕いで林道に降り立ち、自転車と再会。
最後のお楽しみは自転車に跨がっての自動運転です。ラクラクにゲートに帰着。


N盛くんは今シーズンに山スキーを始めたばかりというのに、先週と今日とで、白山の西(白峰側から)と東(平瀬から)のルートを滑る事に。
「山スキーって楽しいっすね」とハマってますね。これからが楽しみだねー。











【山行報告】穴毛谷本谷

日時:2018年8月11・12日 山域:北ア笠ヶ岳 穴毛谷本谷 メンバー:K、U島、A瀬 お盆の真ん中に仕事の為、1泊2日しか日程がとれない。 では沢で焚き火を楽しみましょう、という事で穴毛谷六ノ沢を計画。猛暑の外界から抜け出して沢であそびましょう! 4:15 金...