2014年11月24日月曜日

【山行報告】立山 山スキー

今年に立山は雪が少ない様子。うーん、と悩むが行ってみましょう!

日時:2014年11月22-24日(土-祝)
山域:北ア 立山
メンバー:K村、S田、A瀬、H三、S村、Y野(-23)、U島(23-)

22日(土)晴れ
立山駅は人が少ない。
(皆、寡雪を嫌ったか?)
お陰でスムーズにチケットを購入し、室堂へ。
いい天気だ!

称名川の源頭部に滑り込み雷鳥沢のテント場へ。
ベースを設営し、さて一本いっときますか!

雷鳥沢は既に人が多くいるので、大走沢へ向かいましょう。
新品の山スキー一式にまだ慣れないY村くんのお尻を叩きながら(比喩ですよ)高度を上げていく。
上部の立山方面へのトラバースでウィンドウクラストでカチカチ。
ここはアイゼンをつけていく。

さて、足下には真っ白な内蔵助谷が!
さぁ滑りましょうか、とその前に断面観察をしましょう。
パン、パン、と叩くと容易に破断します!
20cmのスラブと下の新雪との結合部からキレイに破断。
これは『easy』と判断、滑るのを止めましょう。
(時間も遅くなってきていたというのもあり)

再びルートを引き返し、大走沢の源頭部へ。
少し尾根を滑り下り、大走沢を滑り降りる。
(ここも昨年に大雪崩が発生してます。)


23日(日)曇りのち晴れ
夜に地震があったらしく(長野北部 震度6弱)、
「夜中に『ゴー』という音が鳴って山が揺れました」そうな。
(私はグッスリ寝てて気付きませんでした。)

夜半から小雪が舞い、朝からガス。視界が悪い。
視界が悪くても行ける所、という事で勝手知ったる雷鳥沢を目指す。
放射冷却でカチカチの雪面にシール登降は難儀。
「アイゼンの方が早いですね」とアイゼンに履き替えて雷鳥沢を上がる。
大岩の直下でシールを剥がして雷鳥沢へドロップイン。
カチカチで楽しくない…。

滑り降りた所で、K村さんはテントで待機、Y野はここで帰宅、代わりにU島と合流。
天気が少し良くなってきたので、トレースで荒らされていない雷鳥沢の右手の谷を目指す。
適当な所まで上がって滑ると、こちらの雪質は良く(太陽で緩んだ?)、快適な斜面を堪能する!
立山はこうでなくちゃ!

24日(祝)曇り
テントを片して室堂へ。
K村さんに荷物番をお願いし、山崎カールへ。

高曇りの空に風が強い。明らかに天候が悪化するようだ。
まぁ無理しない程度に行きましょう。

一ノ越へのルートからトレースに従いトラバースで山崎カールに向かう。
下から見上げると少ないと思っていた雪が稜線まで問題なく繋がっているではないか。
これは何が何でも行かねば!とテンションが上がる。
シールで稜線まで登り上げ、シールを剥がす。
覗きこむ雪面は高度感タップリ、やや固めだが安定した雪質の広大な斜面にドロップイン!
「ひゃ~たのし~」と自由に滑り下る。

室堂に戻り立山駅行きのバスに駆け込み下界へ。

今年の立山は雪が少なく、例年のパフパフパウダーは楽しめなかったが、それなりに満足の山行となった。

以上
称名川の源頭部に滑り込みます。

雷鳥沢にて。いい天気だ!

大走沢に向かいます。

シャベルコンプレッションテスト。見難いですがキレイに破断しました。

大走沢を滑ります。




カリカリの雷鳥沢へ。

2014年11月18日火曜日

北陸地区雪崩講習会

北陸地区雪崩講習会が開催されます。

石川・富山・福井・新潟の労山で共済しており、今回で18回目となります。
『雪崩』について少しでも知識を積み、一人でも『雪崩遭難』を避けることを目的として開催しています。

机上講習会:2015年1月18日(日)

実技講習:2015年2月14・15日(土・日)

興味のある方は、是非にどうぞ!

石川県勤労者山岳連盟HP「雪崩講習会」



http://iwaf.jp/nadare/

【山行報告】白山加賀禅定道(檜新宮まで足慣らし)

昨日、足慣らしに檜新宮まで行ってきました。
日時:11月16日(日)
山域:白山加賀禅定道(檜新宮まで)
メンバー:S田(単独)

前夜、錦織圭のテニス中継を観てしまった為、少々出発が遅れる。
ハライ谷の林道へ入る入口は冬季閉鎖に入っており、手前のスペースに駐車。

8時登山口発。
下部はまだ紅葉が楽しめる晩秋の装いだが、九十九折の登山道を登っていくと標高750m位で雪が出てくる。
昨日までの雨が、この辺りから雪だったらしい。
サクサク雪上歩行を楽しんでいくと、ウサギ、カモシカ、熊といった動物の足跡多数。
一応、熊よけ鈴を出す。

時々、雪の重みでたわんだ枝が道をふさいで歩きにくいが、やわらかい小春日和の日差しの下、気持ちいい雪上ハイクを楽しむ。
ただ、標高が上がるにつれて当然積雪量は増え、深いところは股下まで。
しまった! ワカンを持ってくるんだった。

それでも何とか檜新宮には12時30分頃到着。

下りは緩んだ雪のトレースをザクザク、1時間半ほどで登山口着。
風も無く、穏やかな晩秋から初冬の山のグラデーションを堪能し、いい一日でした。

以上

2014年11月15日土曜日

【山行報告】白山(中退)

白山に山スキーに行って来ました。
以後は山行報告です。

日時:2014年11月13日(木)
メンバー:F島(単独)
山域:白山 砂防新道
 
朝6時に市ノ瀬出発の予定だったが、寝坊してしまい、7時5分に市ノ瀬の先、釈迦岳登山口から出発する。
スキーをA字にしてザックに取り付け、兼用靴で歩き出す。
久しぶりにスキー道具を担ぐと、日帰りとは言え重く感じる。
別当出合でうっすら白く積もる程度。
噂に聞く、恐怖の一本橋を慎重に渡る。
 
中飯場で積雪10センチほど。
初めての単独山スキーであり、何処でシール歩行にすべきか迷う。
 
結局、別当覗き手前からシール歩行を開始する。この時点で積雪20センチほどか。
 
出発から3時間で甚之助小屋に到着。
積雪35センチほど。その後、稜線に出ると風が強まり、視界も悪くなる。
標高2180m付近で10時50分過ぎ。温度はマイナス7〜8度だったと思う。
手がかじかんで来た事もあり、これ以上は危険と判断し、下山を開始する。
 
お楽しみのスキーと行きたいが、何しろ積雪50センチほどで、根雪が無いため狭い夏道を我慢して滑ることに。
何度も転倒しながら高度を下げる。
雪質はパウダーなのに全く楽しくない。
 
1700m程で板に岩などに擦れて来た為、スキーを仕舞う。
後は兼用靴で我慢の下り。
 
最後の核心、恐怖の一本橋では風が強く難儀した。
別当出合に着いたのが12時35分ごろ。
写真を撮ろうとiPhoneの電源を入れると、電波を拾ってびっくり。ソフトバンクの電波も少しずつ拡大してきたよう。
 
車に着いたのは13時半過ぎだった。
 
ただただ疲れたが、初めての単独スキーを白山で出来たと言うことで良しとしよう。
次は天気が良い時にピークを踏みたい。
今シーズン中にリベンジなるか。
難しいかな…
 
以上

2014年11月11日火曜日

北陸地区登山技術研修会

北陸地区登山技術研修会が開催されました。
北陸三県(石川、富山、福井)での合同で行っている講習会になり、今年は石川労山が担当の年になります。
ということで、労山全国連盟遭難対策部より今井講師を招いて救助訓練を行いました。

日時:2014年11月8・9日(土・日)
場所:医王山ビジターセンター、三蛇ガ滝
メンバー:石川、富山、新潟から約30名

8日 医王山ビジターセンターの周辺で、技術講習
今井講師の指導の元、

ザイル投げ
 -狙った所にザイルを「投げる」という発想は無かったです。振り分けにするよりも、コイル巻にして回転させて投げると上手く投げられます。
チロリアンブリッジ
 -色々な器具ややり方、考え方の選択肢の中から、その場に最も適した方法を選択するというのは難しいものです。
トラバースの掛け替え
 -基本動作ですが、意外と疎かになりますな。
振り子トラバース
 -斜面を上部で確保しながらトラバースしていく技術です。残念ながらタイムオーバー。







夜 医王山スポーツセンター
時間も遅くなってから宿泊施設である医王山ビジターセンターに入りました。
お酒を飲みながら、山の話で盛り上がりました!


9日 チームレスキュー訓練
本日が本番です。
参加者があまりにも多いため、「救助隊」と「見学者」とに分けさせてもらいました。
(わざわざ参加してくださったのに、申し訳ありませんでした。)


三蛇ガ滝の上部で要救助者を搬送する「チームレスキュー」を実施します。
雨が降る中、滝場をロワーダウンさせ、上部から確保して小滝を通過、斜面の引き上げ、足場の悪い登山道をトラバース、
と一連の動きを、時に今井講師の叱咤が飛ぶ中、実施しました。




これだけ内容の濃い訓練になるとは、、、本当ヘトヘトになりました。

【山行報告】笈ヶ岳

笈ヶ岳にジライ谷から登ってきました。 日時:平成29年4月23日(日) 山域:笈ヶ岳 メンバー:T原、ほか1名 久しぶりの笈。 白山ホワイトロードのゲートはまだ開いていないと聞いたので、自転車を持ち込む。 中宮温泉ビジターセンターまで自転車で30分ほ...