2018年3月18日日曜日

【山行報告】北ア 立山駅~ザラ峠(途中まで)

日時:2018年3月17日(土)
山域:北ア 立山周辺
メンバー:A瀬

「山スキーでの黒部横断」は山スキーヤーなら必ず目にした事のあるビッグタイトルの一つ。
チャレンジしたいと思いつつなかなかチャンスが無いため、とりあえず下山ルートとなる立山駅~ザラ峠の下見に行ってきました。

6:39 立山駅 常願寺川林道スタート
林道の除雪はすぐに終わり、板を履いて快適に歩く。
堰堤で林道が寸断されている箇所にぶつかる(h=593の上の堰堤)。「どうしよう」とキョロキョロして、板を担ぎトロッコ軌道に上がって少し高巻き。
高巻きを終えてスキーを履こうとした所で、兼用靴が破損している事に気づく。7年目の兼用靴はガタがきたか。「どうしようか…」と一瞬迷ったが、取りあえず歩けるし滑れそうだ。今日の下見ならそれほど負荷もかかるまい、と進む事にする。
ほとんど標高の稼げない、微妙にアップダウンのある林道はツライです。
林道に従って歩いていき、広い所で一本とり、GPSを確認すると全く違う場所にいる?!
地形図に林道が記載されていない為、林道が分岐している事に気づかずに真川の方に入り込んでしまった!!ひゃー、1時間のロスだ。シールを剥いで分岐まで滑り戻る。
気を取り直して正規のルートに入り、巨大デブリを越えて、やっと湯川谷に到着。
ここまでもとてつもなく長かった。
もう少し足を伸ばし、h=1280(泥鰌池の手前)でタイムアップ。本当はもう少し先まで見ておきたかったが残念。
帰路はしばらくはスキーで下ったが、アップダウンとストップ雪のため、ほとんどシールで下る。
ヘロヘロになりながら車に帰着(18:00)

6:39 林道のゲート出発

6:51 林道の除雪はすぐに終了していた

7:03 全く標高が稼げない

7:38 突然、林道が堰堤で遮断。旧トロッコ軌道で高巻き

高巻きの様子

高巻きを終えると兼用靴が壊れてた。7年間も使ってるからねー。

高巻きを終えてみると、新しいトロッコ軌道のトンネル。帰りはこれを使おう。

9:06 良い天気です。林道歩きは足指が痛い…。

10:10 対岸からこちらの林道までのデブリ。

10:46 ルートミスした真川「水力取水口」付近。docomo電波が4本繋がる。なぜ??

11:47 戻って正しいルートを見る。堰堤だらけ。

12:15 湯川谷の下の大デブリ。

13:17 湯川谷から少し上

16:42 帰路。トロッコ軌道「天鳥トンネル」を利用。

2018年3月12日月曜日

【訓練報告】県連ベルクバハト積雪期救助訓練

県連ベルクバハト積雪期救助訓練に参加しました。

1 日時:2018年3月11日(日)7:30~15:30
2 場所:福井県境 谷トンネル 上部の林道
3 参加者:めっこ5名(A瀬、T原、U島、K村、K村)、他17名
4 訓練内容:
  ① 雪山での支点の構築と強度の確認
  ② 引き上げ技術の確認
  ③ 担架搬送

谷トンネルの手前のスペースに集合。
今日はベルクバハト積雪期救助訓練に大勢の参加者が集まりました。
締まった雪をサクサクと上部の旧道へと登り、斜度のある場所で訓練を開始します。
雪山で使用する様々な支点を実際に構築し、試していきます。

スノーバー:昔のL型よりも今のT型の方が安定してますね。 けど今日のモナカ雪では縦に刺しても効いてくれません。
土嚢袋:4人で荷重を掛けると縛った袋の口から千切れる。2重にすると強い。土嚢袋の中程で縛った時は強かったが、口から雪がこぼれると…。
竹ペグ:1人で静荷重では耐えてくれるが…。
スノーボラード:今日のグサグサ雪ではロープで雪を切ってしまいます。

あとは、1/3の引き上げと、救助担架を用いての搬送(引き下ろし、引き上げ、搬送)を行って、訓練を終了しました。

皆さん、お疲れ様でした。



2018年3月10日土曜日

白山麓 杉の子温泉

白山麓の杉の子温泉

大人 440円

源泉かけ流しの温泉(消毒はされてるそうですが、全く気にならないです。)で、素朴な個人経営の日帰り温泉です。
「わし、白山麓で一番この湯が好きや」とは、K村さんの言葉。
昨年、一旦閉められた後に、代わりのオーナーさんが引き継がれて現在はやられているそうです。是非これからも長く続けていただけると嬉しいです。

【山行報告】大長山(雪洞山行)

日時:2018年3月3日~4日
山域:白山 大長山(h=1671)
メンバー:A瀬、K村、(F田、I垣、T中、H多)

今回は5山岳会合同の雪洞山行です。

快晴の朝日を眺めながら白峰へ車を走らせる。
小原集落で福井からのF田さんと合流し、集落の中の路肩の広い所に車を止めさせてもらう。
ワカン(A瀬はワカンを忘れ、H多からスノーシューを借りた。助かりました~)を履き、林道をサクサク進む。
ダムから対岸に渡り、大長山へと伸びる尾根へ。
途中で急登や、お助けのロープを1箇所出しながら、気持ちの良い天気の中を登っていく。
チョ~汗っかきのK村さんとI垣さんは滝のような汗です。
ヘロヘロになりながらダベっとした山頂に到着。
「雪洞をどこに掘ろうか?」
と話をしながら、明日(県連総会)の事を考えると先に進んでおいた方が良い。
アップダウンをこなして鉢伏山の山頂に雪洞を掘る事にします。
F田さんのショベルパワーで、6人が広々快適に過ごせるデカ雪洞を2時間かけて掘り上げる。
雪洞に潜り込み、銀シートを敷いて、各自のザックからお酒(ワイン、梅ウィスキー、缶チューハイ、等)とオツマミを出して宴会開始♪
雪洞泊はラフに生活が出来るのでイイですね~。

朝日に照らされる白山を眺めながら出発する。
基本的にはサクサクと尾根通しに下り、小原集落の駐車スペースにドンピシャで下り降りる。
展望の湯で汗を流して県連総会へ直行。















【山行報告】黒部 丸山東壁左岸稜

海の日の三連休は、黒部の巨人「丸山東壁」左岩稜ルートの登攀に挑んできました。 日時:平成30年7月14日(土)~16日(祝・月) 山域:黒部・丸山 メンバー:T野,M崎,T原(報告) 13日(金)の夜9時に集合し、扇沢へ移動。扇沢に0時過ぎに到着したが、すでに駅に近い無料駐車場の...