2017年1月30日月曜日

【山行報告】五箇山 タカンボウ山(h=1119) 山スキー

やっとまとまった雪が降ってくれたので、今シーズン初の山スキーに出動です。

日時:2017年1月29日(日)
山域:五箇山 タカンボウ山(1119m)
メンバー:K村、Kた、A瀬

ゲレンデリフトに合せてノンビリ集合。寒いねー。
タカンボウスキー場のリフトには、6回券(1,000円)を3人でシャアするのがお得です。
係員の方に「山、気をつけてねー」とお声を頂き、リフトに乗ってゲレンデトップへ。
 
トレースの無い尾根は、最初はやや急。
久々の歩きで息が上がるが、陽光に照らされる白雪とブナ林とウサギの足跡、振り返り見る大滝山を楽しみながら順調に進む。
2時間弱で山頂に到着。
 
時間も早いですし、先ずは北面の斜面を一滑りしましょう。
日陰斜面にはパウダーが生きていて、3人で「ヒャホー」と歓声をあげながら100m程滑り下る。あー気持ちよかったー。
 
シールを張って登り返し、南尾根の下りへ向かう。
見下ろす斜面は、陽にあたって雪がモサモサしてブッシュも多い。
K村さんは「ワシ、ゲレンデに戻って車まわすわ」と言うので、パーティーを分けて2人で南尾根を滑る。
ブッシュと悪雪ダルマに難儀しながら滑り下っていくが、雪に気を取られすぎて2人で激突!
「大丈夫ですか!?」と2人とも無事でした。フ~、気をつねば。
 
下部の植林帯をなんとかこなし、林道のトンネル手前に降り立つ。 
程よく雪が締まった林道をかっ飛ばして、桂湖 ゲートでK村さんと無事に合流。

セルフレスキュー研究会

セルフレスキュー研究会の報告です。 日時: 平成29年6月10日(土) 場所: 倉ケ岳 メンバー: A瀬、S田、T橋、T原   天気予報では10時から雨予報。 ならばと早朝に岩場に集合し、セルフレスキュー研究会を開催しました。 懸垂のバックアップは、ビレイ...