2017年3月24日金曜日

【山行報告】 妙高山

三連休の土日二日を使って、山スキーで妙高山へ行って来ました。

日時:平成29年3月18~19日
山域:妙高山
メンバー:T原、ほか4名

妙高山の山スキーは、外輪山の三田原山や前山の記録は多いが、 妙高本峰の記録が意外と少ない。
参加メンバーの発案で、 行ってみよう!と言う事になりました。

アプローチは赤倉観光リゾートスキー場のゴンドラ& リフトを使い、前山経由で。
テン泊装備で大きくなったザックを担いで、シール登行。 初日は天気もよく、重荷ながらも歩が進む。
前山に予定よりもだいぶ早く到着し、この調子だと、 今日中に本峰行けちゃうね・・・と言う事で、 テント装備一式を幕営地にデポして、 初日でアタックを済ませる事にした。
しかし、尾根は細く、アップダウンも大きく、 トラバースするも時間がかかった。
途中、三田原から本峰を登って滑り降りてきたパーティーに遭遇。 やはりルートとしては、それほどマイナーでも無いようだ。
夏道では鎖場になっている所が雪壁のようになっていたが、 先行パーティーのトレースを使い、アイゼン・ピッケルを使わず、 それほど難もなく頂上へ。
山頂からは外輪が圧巻。遠景は少し霞んでいて残念。
すでに16時を回っていて、山頂を少し過ぎた肩から、 早々に滑走開始。ほんの数十mは良い雪だったが、 すぐにモナカ雪地獄が始まり、斜滑降とキックターンをしながら、 まさに転げるように降りる。
18時過ぎ、ぎりぎりヘッデンを点けずに幕営地に帰着。

日が落ちてから風が強くなり、 風を除けられそうな場所を整地して、テントを張って潜り込む。 日中の暖かさがウソのように気温も下がり、 ストーブの火がありがたい。
目標は達成しているので、明日は下山のみ。雪が緩む、 少し遅い時間に下山しようという事で、ウダウダとテントで過ごし、12時ごろ就寝。

2日目は朝8時に起床して10時下山開始。
滑り出すと、背中の重い荷物に身体が振られ、 ストップ雪にも足を取られ転倒者続出(涙)
それでも1時間くらいでスキー場に下山。 スキー場の整備された斜面の滑りやすさに感動(笑)
まさに、この時期らしい、悪い雪を堪能したツアーとなりました。





【山行報告】荒城川柳谷

日時:2018年8月14日 山域:荒城川柳谷 メンバー:K、A瀬、U島、M崎、(N田) Kさんから「23歳の女子と沢に行きましょう」というお誘い。 それはぜひ良い沢を計画しなければ!と荒城川に行ってきました。 朝、金沢某所に集合してご挨拶。東海北陸道を高山経由で丹生...