2017年9月22日金曜日

【山行報告】坊抱岩

8月15日に坊抱岩に行きました。
メンバーは、Kた 他3名

ここのところ、沢とアルパインの山が多くクライミングが下手になってる気分。
そろそろムーブのあるクライミングがしたく人員を募る。
通うジムで12台を登れる2人の男性と、リードはやらないがこの2人の男性と同レベのボルダー力を持つ女性が参戦してくれた。

8月15日は、西も東も雨。
朝、集合して協議する。
5時現在、坊抱に薄い雨雲がかかっているが、雲は抜ける模様、安パイは青海の岩場だが、暑いのは嫌ということで、長野へ向けて車を走らせる。
道中、上越からは雨だが、車中はポジティブな発言が飛び交う、内心クライミング出来たら奇跡、長野観光でもいいや・・・。
登山口に車を止めて涼み岩エリアに向かうが、道に迷いメインの岩場に着く。
岩場に着くと同時に小雨が降る。

雨の影響の少ない薄被りのショートルートのピナクルダッシュ(10CD)でアップ。
次に隣の芸者ワルツ(11B)をやる。
その頃には雨が上がり、狙い目のアッサー2(11C)のヌンチャクをかける為、隣のコズミックワールド(11B)から登る様、K君に指示を出すが、1ピン目の核心が越えられない。
前回、私がトップロープで抜けていたので、左から出ると簡単やとアドバイス。
だが、核心が越えれない。
しゃあないので、私がアッサー2をマスターで登る事となるが、核心どころか核心の二つ手前でギブ。
それよりも気になることが、アッサー2とコズミックの出だしが同じでは?
以前、トップロープでやっていたので、クリップのことを考えず登っていた。
結果、アッサーから入っていることが判明。
いつでも登れると思っていたコズミック、そうではないと気付く。
ここからコズミック大会となる。
結果、私とAちゃんが核心を越えれず敗退。
K君とYさんは、テンションを入れたもののぬける。
コズミックが次回の課題となる。

【山行報告】五竜岳遠見尾根

正月白山合宿のトレーニング山行として五竜岳遠見尾根に行ってきました。 日時 : 2018年12月15日〜16日 メンバー : T原、H多、S田、他2名 ラッセル出来るだけの積雪があるかどうかの心配をしていたが、幸いにも前日からの降雪でスキー場もオープン。大遠見山のあたり...