2018年2月3日土曜日

【山行報告】白鳥山(山スキー)

山域:白鳥山
日時:平成30年2月3日
メンバー:Kた、K村

前回車が入れず敗退した白鳥山正面尾根へ。気持ちのよい滑走を楽しめました。

7時前に上路出発。 
北面のためか下部でもまだ雪が柔らかく期待が膨らむ。 
h=350からh=650あたりはかなりの密ヤブで難儀。 そこからは疎林になるが凹凸が多いスッキリしない地形。沢山ある小沢の東側にはもれなく雪庇が発達している。 
天気も悪化し眺望・視界も悪くなり、帰路でハマって登り返す覚悟を決める。
テンションだだ下がりで山頂着。風が吹きすさぶ中、小屋のカゲでサッサと準備して滑走開始。

上部はホワイトアウト気味だが、立木が現れ出すと斜度も分かり、徐々に快適滑走になってくる。パウダーとはいかないがよく滑る雪。ハーフパイプ状の沢では、ボードのKたさんの歓喜の雄叫びが上がる。結局登り返しなしで650まで快適滑走。
スッキリしない地形だから面白い!と評価が反転。

あとは下部の密ヤブと杉林をこなして出発点に戻る。
朝は誰もいなかったが車が6台に増えている。天候のせいか人気があるようです。

締めて6時間弱。満足して帰路に。



北陸雪崩講習会のチラシが出来ました

詳しくは、北陸雪崩講習会のHPを参照下さい。 http://iwaf.jp/ndr/