2018年2月22日木曜日

【山行報告】黒姫山東尾根、鍋倉山(山スキー)

日時:平成30年2月17日(土)・18日(日)
山域:黒姫山,鍋倉山
メンバー:T原,ほか3名(一般)

土日両日とも、気温は低めで吹雪いていました。天気は予想通りだったので、両ルートとも樹林を滑るところとしました。
どちらも荒れ模様な天気にもかかわらず、他にいくつものパーティーが入っており、トレース有り・ラッセル無し。

黒姫山はゲレンデトップから登り始め、終始雪が降る中、2時間半ほどで稜線へ。休憩もそこそこにドロップイン。期待通り、モフモフの積雪を楽しむ。滑っているうちに、東尾根を右側に外してしまい。途中から復帰のため、もったいなくもトラバース気味に滑る。山麓のゲレンデに出てお楽しみは終わり。
やはりこんな日にちょうどいいルート。

鍋倉は朝から温井集落に除雪車が入っていて、しばらく近くのコンビニで待機。今日も降雪が豊富で雪質に期待。ここも山頂まで2時間半ほど。吹雪いていたので、さっさとシールを剥がし、ドロップイン。期待通りのバフバフ雪を歓声を上げながら滑る。ローライトで地形の起伏が見え辛い。ギャップで突っ込む事も。降りたところにキャットの痕があり、それを林道と思い違う。その痕を追って滑り降りてしまいルートから大きく外れてしまった。シールを付けて雪原を歩き復帰して、事なきを得る。

どちらのルートも短めだが、天候の悪い時にはちょうど良いルート。
パウダーシーズンをもれなく楽しみたい。




【山行報告】鈴が岳

6月19日に1人で、大杉谷から鈴が岳を経て大日山を往復して来ました。 大杉谷林道の終点までは遠くて、山奥感が半端でない。 それでも登山道は整備され、1時間で出造り小屋へ。ストーブも水場も有る。ここで一晩過ごす事が出来れば最高だろう。 道はブナの美林の中、長い登りになる。小川温泉...