2018年4月25日水曜日

【山行報告】立山 山スキー

H多さんのお誘いを受けて、チャムラン山の会の立山バックカントリーに合流させてもらいました。

日時:2018年4月21〜22日
メンバー:H多、S田、他7名
立山周辺は幾度となく滑っているが、今回は天狗平山荘に泊まっての滑り重視の快適スキーである。
メンバーは、ボーダー5名、スキー4名の総勢9名。
天狗平山荘から室堂まで送迎してもらい、初日は浄土山と国見岳の斜面を滑る。
雪はほどよく緩んだザラメ状。みんな自在にシュプールを描いている。
でも、今週の月曜日にも日帰りで浄土山を滑りに来たメンバー2人は、カリカリに凍ったバーンで滑落し、かなりヤバかったらしい。
国見岳からきれいでほどよい傾斜を快適に滑ればアッと言う間に天狗平。
まだ15時45分。小屋泊まりなので時間はたっぷりある。
眼前に天狗山からの斜面が手招きしている。
「どうする?」
「行くしかないでしょう」
20分程ツボ足で登ると、なんとも居心地のいい平らな広場。風もなく暖かい。
剣岳はバランスのいい勇姿を披露してくれ、槍までの稜線も美しく見渡せる。
まったりした至福の時を過ごし、今日最後の滑りを楽しむ。
もう一つのオマケ、後から来た元ナショナルデモのガイド佐伯さんの圧巻の滑りも見ることが出来て大満足。

翌22日。
放射冷却で朝一の斜面はカリカリ。
8時過ぎまで待機し、山荘から美松の緩斜面を滑る。
山荘のオーナーお勧めの美松の35度の大斜面を滑るにはまだ時間が早そうなので、緩み待ちを兼ねて良さげな斜面を少し登って滑る。
昨日と同様、天狗山に至る斜面を登り、今日も12時近くまでのんびりくつろぐ。
どうやらここは極上の癒し空間らしい。
さあ、最後のお楽しみ、美松の大斜面へ。
斜度は結構あるのだが、斜面が広大過ぎて急に感じない。
ダイナミックにシュプールを刻き、みんな息を切らせながらも自然と笑みがこぼれる。
最高!
20〜30分の登りでこんなに素晴らしい大斜面を堪能できるとは驚きである。
山荘で名物のラーメンを食べ、帰路に着く。

とにかく効率よく、滑りを楽しめた今回の立山。
小屋泊まりもたまにはいいかも...、





【チャリ報告】有峰湖

日時:2018年7月15日 場所:有峰湖 メンバー:A瀬 ズッコケてヒビが入った肋骨もくっついてきた。 けどクライミングはダメだし、登山も不安がある、、、ならば自転車でしょう! という事で有峰湖に行ってきました。 亀谷の料金所ゲート(h=400)の手前に車を停めて自転車に跨る。 ...