2018年4月4日水曜日

【山行報告】黒部横断 山スキー(立山駅発)

日時:2018年3月31日~4月1日
山域:立山・黒部
メンバー:K村、A瀬、(T原)

黒部横断 山スキーは、長年の憧れプランです。
今年はメンバーにも恵まれ、日程もやりくり出来そう。これは行くしかない!
しかし北陸から黒部横断をしようとすると、スタート地点の大町まで回る手間と、下山後の車の回収に手間がかかりすぎる。
よくよく考えれば、立山駅をスタートして大町に下山とする方が、北陸の岳人にとっては自然なルート取りと考えられる。
核心は下部の林道歩きがメチャクチャ長くなる事。という事で2週間前には下見もした、ヨシ、気合を入れていきましょう!!


3月31日(快晴)
4:00 立山駅-9:45 湯川谷-16:40 ザラ峠-18:00 テン場(h=1900付近)

各自軽量化に努めたザック(13~14kg)を背負い、立山駅のゲート前を出発。
2週間前より雪は随分少なくなったねー。
下見で確認した「天鳥トンネル」を抜け、順調にシールで進む。
しばらく歩いた所でT原さんが「兼用靴が足指と干渉して痛い」、と不調を訴える。しばらくガマンしたが「この長丁場には不安がある」、と言う事でT原さんは悔しくも途中敗退。共同装備をもらってココでお別れです。
2人で常願寺川から湯川谷へと歩を進めるが、今度はA瀬の兼用靴も足指に干渉して痛くなる。兼用靴を脱いでインナーを脱着すると当たりが変わってマシになるが、しばらく歩くとまた痛くなる。兼用靴の脱着をしながらパワフルなK村さんに付いていく。

14:20頃、昨晩の睡眠不足から猛烈に眠くなり歩けない。
「 スミマセン、どうしても眠いです」とゴロンと横になり30分程の仮眠。ふースッキリです。

と、そんな事で予定より大幅に遅れてザラ峠に到着。
シールを剥いで陽が落ちてカリカリの中ノ谷の斜面を下っていく。

h=1900付近に雪崩の心配の無い箇所を見つけて整地し、テントを張る。
軽量化の食事をさっさと終え、シュラフ(3シーズン用)に潜り込み就寝。
寒かった~。

4:00 立山駅の林道ゲート前の駐車場を出発
4:53 「天鳥トンネル」の立山側には門がありますが、簡単に乗り越えられます。
5:38 林道は所々デブリもあり
6:53 T原さんは悔しくも敗退。T原さんの分もガンバリマス!!
7:31 前回間違えた、湯川谷と真川との分岐
8:30 湯川谷の大デブリ。2週間前よりもデブリは大きくなってました。
9:46 工事基地?を過ぎた辺りは広くて歩きやすい
10:03 泥鰌池の手前で堰堤で進めなくなります。
10:22 地形図の左岸上に見える林道を目指して斜面を上ります。
11:54 この橋は渡らず上流の堰堤を巻いてスノーブリッジで渡りました。
12:23 このモクモクは!?
12:28 温泉です!! 刈込池の上部の温泉マーク
14:17 温泉マークの上からようやく谷が埋まります
15:07 上部は少しデブリも
16:40 予定より大巾におくれてザラ峠に到着。
16:56 陽が陰ってカリカリ気味の中ノ谷へ。斜度が無いので安心
17:41 デブリもパックされて滑りは楽
雪崩の危険の無い場所を選んでテントを張ります。軽量化のためフライ・内張りはナシ。
1日目のGPS軌跡



4月1日(晴)
4:40 出発-5:44 黒部湖-7:40 針ノ木谷-15:00 針ノ木峠-18:00 扇沢

簡単な朝食を済ませ、ツボ足で歩き始める。
谷割れの斜面トラバースがありアイゼンを履いて通過。
心配した滝は完全に埋まっており簡単に通過できた。
「この時期で滝が出ていないとは思わなかったです。ラッキーですねー♪」と2人で喜び合う。

黒部湖は思ったよりも水流が出ているが、水深の浅い所をネオプレーン靴下+アウターシェルで通過(アウターは水の抵抗を受けるので正解か不明)。
思ったほど水温は冷たくない。

対岸に渡り、針ノ木谷へ。
ここで昨日のスキートレースを発見。「中ノ谷ではパーティーに会わなかったけどなー?」「敗退したんですかね?」と話し合う。
(山スキーMLで、ヌクイ谷を上った事が後に判りました。)

針ノ木谷は雪融けが進み、何度も何度も渡渉をしながら上っていく。
昨日のトレースがあってルートファインディングが大変に助かります。

h=1900 から谷が広がって雪も繋がってくれる。
針ノ木峠に到着し、後は針ノ木雪渓を下るのみ。
の筈が、大沢小屋から扇沢までのルーファイに時間がかかってしまう。
沢通しで堰堤を越えていくのも雪が繋がっているか不安、という事でGPSで登山道に近いルート取りで行く。
日暮れ直前に扇沢にヘロヘロになって下山。
扇沢から日向山ゲートまで歩き、呼んでおいたタクシーを信濃大町駅まで飛ばしてもらい、金沢に帰る最終の電車(20:14)にギリギリ飛び乗り、食事もとれないまま帰沢。


クタクタになりましたが、念願の黒部横断を果たせて大満足です。
今回の逆ルートは、林道歩きがひたすた長い。
これはメジャールートにはならないだろうなー。。。

4:39 ヘッテンを灯してツボ足で出発


5:00 谷が割れててイヤラシカッたので、アイゼンをつけてトラバース



7:39 滝場と思われる箇所。雪が繋がってくれていました。

5:40 黒部湖が見えてきました!ドキドキ


5:59 ついに黒部湖の上に立つことが出来ました!! ワーイ
6:36 ネオプレーン+アウターで渡渉。膝程度で心配したほど冷たくない、水流はそこそこ強い。
7:57 針ノ木谷へ
8:05 飛び石で渡り、
8:18 渡渉したり、
8:50 橋を際どく渡ったり、
10:25 デブリを越えたり、
12:15 バックリと水流が出ていたり、と時間がかかります(泣)
12:38 h=1900あたりでようやく谷が埋まりました
13:42 シールで上りやすい斜度です
14:02 上部はやや急になります
15:01 針ノ木峠にようやく到着です
15:28 針ノ木雪渓にGo!
足をプルプルさせながらドンドン滑っていきます。
17:19 扇沢まで楽に行けると思いましたが、シールをつけて登山道沿いに戻る事に
18:09 扇沢にようやく到着です。クタクタ。けどこれから日向山ゲートまで歩く為、ズックに履き替え中。
4月1日のGPS軌跡。バッテリー残量が減った為、針ノ木峠で軌跡が終了



【山行報告】ハチブセ山〜オンソリ山周回

山行日時:2018年4月14日(土) メンバー:K、S田、他2名 予定していた土日の白山偵察山行が天候不良の為、中止。 Kさんの声かけで里山ハイク、行先はフウロのIさんの提案で来週の会間交流の下見を兼ねてオンソリ山周回となった。 白山里を7時出発。ハチブセ山まではひたすら急登。 ...